緑子の被害記録  (テクノロージー被害・マインドコントロール被害)(集団ストーカー被害・家宅進入・器物破損・人権侵害被害) 

何故か、電磁波の痛みが軽減する経験をしました。それを、同じ被害者の方へ知らせたい。一般の人にこの犯罪のことを知ってもらいたい。このためにたちあげました。電磁波過敏症を抜けた時のことは、下カテゴリの「電磁波軽減」まとめてあります。
Homeメールはこちらです。 | 窓を拭いたら。騒音が軽減したという経験 | 電磁波軽減 | あからさまな付きまとい行為が始まった | 裏の住人 | 音声送信か? | 工事 再び | 岐阜 | きっかけ? | セスナ画像 | ほのめかし | 救急車 | いやがらせ | 警察もなの? | 報告だけ | 経済的に追い込む | カルト?愉快犯? | 某宗教団体の関り | マインドコントロール | 隣人の加担 | つきまとい | 車を乗り換えてる?付き回し部隊 | 嫁の加担? | ハラスメント | ヤクザ | ノイズキャンペーン | 画像 | 携帯のアドレスでsine(死ね) | ケムトレイル | 耳鼻科と耳のショート音の関係 | 被害記録のみ | 某宗教か? | 被害軽減期間 | 電磁波を利用か? | 韓国 | 釘と音声送信と電磁波過敏症の関係はある? | 付回しとほのめかしと集団ストーカーTV局 マスコミ | 電磁波増幅か? | 飛行機・ヘリでの威嚇 | 騒音 | 好きなものがお店からなくなる怪 | 電磁波 | 日記 | 思うことを徒然と | 被害者の方の書籍です!! | メモの大切さ | USENのキャンシステム | 円状に巻いてある電線について | 電話の不調 | 犯人側の正体について | 被害者の会 | 実際の犯人側の加害行為 | 未分類 | チラシを渡した | お知らせ | 犯人側の仕掛けか? | 癒し写真 | 道路への落下物 | アルバイト | 衣服等の穴あけ | 壊れる家電 | 重大ニュース | アセンション | 別の方向からのアプローチ 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカーがわからせるように開始された日のこと

2008.02.22
2月22日(金)
この騒ぎがあった次の朝、特に変わったような感じはしてなかった。
どちらかといえば静かなくらいだった。
以前すぐに電磁波の照射があったように思っていたが。
今メモや携帯のメールなどをみなおしてみると。
まだなかったといえる。

朝、夫が出勤する。
08:46 誰もいなかったよー。とメール有り。
08:47   そかそか安心した
08:48 安心だよ。あんまり悪く考えたらいかんよ。
08:49   はい
08:50   ありがとう
17:37 調子はどうだい?

18:16 ここで、警察に110番、通報をしています。(携帯発信記録有り)
   
場所は、図書館からでて北に500Mぐらい道路上でかけました。
通話しながら、歩いて交番近くまで、行きました。
相談しながら歩いています。110番の警察官が、
とりあえず、困ったなぁといって。
話にならないと思ったみたいで。
生活安全課にまわしますねといったん保留にされた後
生活安全課の人と話しをしています。何の解決にもならなかったし。
精神病と思われた扱いだった。きっと疲れてるのでしょうと言われてます。


18:23 寝てるのかな?
夫からのメールです。ここでも。気がつかず。返事していません。

この調子はどうだい、のあたりで図書館に徒歩で。本をいれたリックをしょって。
出かけていたはずです。夫にメールの返事をしていないので。
そして、なんだか変な状況に気がつくのです。
下に詳しく書きます。

18:30頃   歩いた距離なで予想するとこのぐらいでかけています。
交番で話をしていると思います。
あのマスコミ関係のバイクの会社?OOOOに、私を付回していた。男が逃げ込むのを目撃しました。といたあと。
交番の警察官はその裏にも、TVの仕事をしてる会社があるよ。といいました。OOOOの通り前には、朝日新聞の配達所があります。その建物の真裏別のとおり沿いがその取材などを行う場所なのです。交番目の前です。
       
19:23   やっぱ。取られたよ。人生おわったっぽい。
(このメールは歩道橋の上で打ってます。)
19:24   外。であるいちゃあいかんかった。やっちゃった。
19:24 どうゆうこと?
19:25 何?どうした?
19:25   かくしどりされちゃってる。おんなじひとなんどもすれちがうとか。
      図書館までくるとか。   
19:26 うそ。マジか。
19:27   やっぱいたよ。気のせいじゃないよ。
19:28 そうか。いま会議だからまたあとで。
19:30 夫から電話ありで話しています。


20:16  03-3264-4343 に電話をしている。メモをみると。
警察にここに電話して話とか聞いてもらうように言われたと、
書いてあった。見覚えがない番号なので、
検索したら。命の電話みたいです。こんなとこ教えられてたのか?
話してないので、つながらなかったと思う。



22:28 いま終わりました。帰ります。

この日は、自殺行為までおいこまれました。社会的に抹殺されると思い込んでました。
それくらい普通の生活では考えられないほどの、非常事態が、起こったのです。
自分のこの状況が、集団付回し行為が発動した状態とはわかっていません。
集団付回し行為をマスコミが付回し盗撮している。まんまと思い込まされていました。

強力なコネもない私は、自分の知り合いの中で、相談できそうな人を考え。

唯一の東京での顔見知り塾の先生に贈りました。
マスコミの対応など知っているかと思いましたし。
近所に知り合いがこの、お店の人と先生しかいなかったためです。


しかし、家族に相談してくださいと言われ終わりでした。
NHKにメールして助けてくださいと送りました。何も返事はありませんでした。



次の日。5時07分 いってきます。と続きます。休みなのに。
5時起きで、会社のゴルフ大会で家を、留守にしてました。


不安な状況作り。極限の中での。ちょうどよい夫の不在です。




2月22日の詳細

この日。私は、図書館に本の返却に向かった。
今日までだったので。何もないと夫も言ってたし。
安心して、でかけた。

マンションでは、誰にも会わなかった。下にでるとすぐに。
犬の散歩のひとが、自転車置き場の脇の通りにいた。
こちらをちらりと見て通り過ぎた。
徒歩で出かけた。図書館までは、だいたい20分程で、着くはずだ。
家をでてすぐ歩道を、信号までまっすぐ歩いていた。
今日は、なんだか通りに人がいっぱい歩いているなぁ。最初の印象だった。
しかし。しばらくして、何か変な視線を感じるのだ。通りの向こうを歩いてる若い男(=(ぎょろ目男(学生風))が。
ちらちら。こちらを見てくる。角ばって重そうなものが、入ってるようにごつごつしてた。
学生風で、にやついた顔と不自然なトートバックが印象的だった。
ふと、前をみると私の前を大きなリュックを背負った人がずーと歩いている。
通りの向こうにも、やたらと人が多い。
今までこんなに、少しの距離なのに。やたら自転車が前から後ろからやってくる。
自転車の人は通り過ぎるときに必ず顔を下に向けて見られないように
目を伏せてくる。その中に見覚えのある人が。
あれ。最近よく会う店やってそうなおにいちゃんだなぁ。
気まずそうに、目をそらした。なんだかへんだなぁ。
気配がおかしいのだ。気にしてない人が普通に通り過ぎる感じではないのだ。
気のせいと思って。気にしないようにしてみても。
みんなの気配が異様なのだ、すごく緊張している。ニヤニヤしている若い男の人も多い。
変な服装もしてないのに。おかしいなあ。
なんでじろじろ見ているのかなぁ。
そして、距離を進むうちに。どんどん変に思えてきた。
大通りから右折して。住宅街の抜け道を歩き出して。不自然さが際立ってきた。
手に中途半端な大きさの黒のウエストポーチ
(最近みない形だと。思ったので、覚えている。)
抱えていかにも撮っていますよ。と言う人を見た。
ん?と思う。
おしゃれな細い黒いスーツなのに、不釣合いな変なかばんを抱えた女。
釣り目できつい顔、体が細い。
あの格好にあのかばんはないなぁとまた思っていた。 
ん?と思う。
こんな狭い住宅街の道なのにいつもより、車の通りが多いなぁ。

目の前に、アイドリングをしている。ワゴンがいる。黒塗りだ。角なのに車きてないのに。
なかなか曲がらない。私がまっすぐに歩いてくると。
それを確認したみたいに。右折してこちらに向かってきた。
自転車は相変わらず何台も何台もすれ違った。バイクも多い。

そのうち。あれ、さっき通り過ぎた人じゃない?そんなのが続いた。

もしかして、ツケラレ、盗撮されている?
ふと、頭に考えが浮かんだ。やっと気がついたのだ。
背筋に寒気がした。
どうしよう。どうしよう。それしか、浮かばない。

昨日、マスコミに狙われているともう。思い込まされていたので。
マスコミがきたと思っていた。本当に。
隠し撮りして。週刊誌や。ひょっとすると。
TVのワイドショーでさらし者になる。
そこに思考はたどりつきました。

内心そんなことない、気のせいに違いない。と自分に言い聞かせてみて。
私の周りを通る人を観察してみても。やっぱり。
さっき見た人が。また私を、前から後ろから。追い抜いていっている。
鬼気迫るような顔。嫌そうな顔の人。ちらっとみてニヤニヤしている人。
そして、やたら。でっかいリュックをしょってる人ばかり見るのだ。

アンカリングだと今ならわかる。
私はいつもリュックを背負って図書館にいったり買い物したりするので。
そのときはただ。

やたらマスコミはリュックが多いのか?
カメラとかが、入っている?そう思い。いっそう恐怖を感じました。

ほんとうに気持ち悪いのです。何回も何回もさっき通り過ぎといて。
また、自転車で。前からくる。

車も、5台くらいつらなって。(セットで)何回も通りすぎてくる集団がいた。
さっきもあの車、通ったのに。また前から来た。

恐ろしく思いながら図書館に着いた。
しかし、そこには、いかないで。急に脇の道へ行ってみた。

ひょっとしたら。私の、勘違いかもしれない。
だから私は、試してみたのだ。

そこは一軒の家をかこむようにコの字になってる。道で。
わざわざ入ってくる人は。ここの2~3軒の家の人ぐらいだ。

そこでまってみる。

すぐに、後ろからめがねの男ひょろっとした男がつけてきた。ひょろながめがねとする。
(このひょろながめがねが、私が、最近、ネットで偶然、見つけた韓国人なのです。)
自転車で何回かここまで来る間にも。見た人だ。
同じ図書館を利用するなら。こんな道にわざわざ理由もなく入ってくる必要はない。
私は、そこで止まり少しの間そこで待ってみた。
少し間をおいてすぐに、ひょらながめがねの男が曲がってきた。
私を見てぎょっとした。その後、気まずそうに白々しく通りすぎていった。
生意気なというような。顔をしてた。
しばらくそこにいると。
様子を見に来るみたいに。自転車が、前からまた来た。


図書館に、入るとさっきのめがねの男も自転車置き場のあたりからでてきて
一緒に入ってきた。図書館の前の通りにでると。5台セットの車たちが
ヘッドライトを遠めに照らしながら通り過ぎていった。

図書館利用者なら、なぜ、あの、通りに。一度通りすぎて回ってまた戻ることになる道。
私は、確信した。やっぱり。勘違いではないのだ。


図書館に入ると。いつもがらがらなのに。人が結構いた。
目の前に、ひげでめがねでヘアバンドのいかにもTVやマスコミ系のスタッフっぽい系のでっかいリュックを抱えた男が正面入り口すぐ長いすに、座っていた。

借りた本を、返却していると。2階へひょろながめがねが、あがっていった。
上が大人用の本がおいてあるため。
2階をあがってすぐの本棚に、ひょろながめがねがいたきがする。
本棚の前には、プラスチックのベンチがあり。そこに。
また、でっかいリュックを、ひざの前に抱えた髪の毛がべったりした。少しぼろっとした身なりの感じの男が本を読むでもなくいた。(何してんだろうと気になった)

この本棚の好きな本を、選ぼうとすると。そこに二人くらいの女の人がぼーと本をみてて。
私は、選びにくかったので。その辺の本は、あきらめた。

奥に行くすこし年配の夫婦が本をいれるかごの中を、のぞいたり。
何を選ぶのか伺っているみたいに近くにべったりとよってくる。
本棚を、全く見ることなく。通り過ぎていくので。またおかしく思う。

そして、社会の変でマスコミの本を探そうと思っていたら。
だれも、周りにいない状況になった。

すると、中年ぐらいのひょろっとした背の性格の悪そうな顔をした男が、
とおりすぎる間際に。顔を覗き込んできて。
「へー顔見たよ。すげー。汚い顔だわ。ブスブス。」と小さい声で、言ってきた。
そして。選びもせず。さっとそのまま。
歩きながら一冊右手に通り際に手にして。本の通りの突き当たりに置いてある。
椅子にこしかけ。脇にでっかいリュックをおいて。目をあわさず。
顔がみえないように下をみて。本を、読み出した。

私は、驚いた。なぜ見知らぬ人が言ってくるの?

なにこれ。なんでそんなことまで。いわれなきゃいけないの?
心で言い返した。

しかし、動揺した。
そして。あわてて2冊ほど、本をかりて。帰ろうとした。
すると。すぐ、後を。ひょろながめがねがついてくる様子が伺えたので。
人が少ない。資料室に入った。座って。朝日新聞の昔の記事を探そうとしていると。
すぐ斜め前に。また。でっかいリュックをもった男が座ってきた。
その男が。座って、こちらに目を向けないように本を選びに行くのを確認して。
私は、席をさっとたって出て行った。そして。入り口すぐ脇の本を見て。
様子を伺った。
するとさっき入ってきたばかりなのに、すぐに。
その斜め前に座ってリュックを置いた男は、出てきた。
私が、待っていたのを見つけると。目をそらし。
そのまま。階段を下りていった。
やっぱり、見張っている人でなければとても。不自然な行動になる。
見張ってるんだと思った。そして。図書館をでようといつもと違う階段でおりる。
白々しくちょうどひょろながめがねとすれ違った。
すれちがったあと。いきなり。一緒に下に階段を下り始めてきた。
もういやになってくる。何だこれと思い出した。

図書館を出た。一緒にめがねもでてくる。
しかも、入り口でしばらく立ち止まっていると。
ひょろながめがねも立ち止まる。
携帯で話すふりなどし始めた。
ちらちらにやにやこっちをみてくる。

もう一度、中に入ってみた。

ひょろながめがねも後に続いてきた。
明らかだ。

集団で付回されている。
気がつかされた。(このときは、まだ、マスコミだと思っていた。)

もう逃げるように外にとびだして。
家に向かってまっすぐに歩きだした。するとちょうどいいタイミングで。
一つ目の交差する道の左から。
またリュックを背負った男違う男の人、太めリュックおやじとする。
がでてきて。私の前を歩きはじめたのです。

ちゃんとすぐに、前にリュックをしょった人が左の道から合流してくるのです。

もうだれだって。ここまでされたら気がつきます。
そして、私は、この太めリュックのおやじをつけはじめた。
警察に。つけながら。電話をかけた。

マスコミに付回されている。しかし、110番、通報の相手は、
困惑するばかりで。まいったなぁ。と言う感じ。
そして、生活安全課に回すから。と、電話は、転送されました。
生活安全課はそんなことはない。一般人をマスコミがつけまわすことなど。
つかれてるんですよ。家に帰ってゆっくりしてください。それだけでした。
電話しながら、話しながらずっと私は、太めリュックおやじをつけました。
相手は、警察に追放したと聞くと明らかに動揺していました。
それまでは。どうどうと。自身ありげに。攻撃するようにあるいていたのに。
逃げるように早足になりました。すごく汗をかきはじめました。
私は、その人の後をつけながら。警察に電話をかけながら話しながら歩いているのです。
急に、慌てだし。意味なく地図などを取り出したりし始めました。
しかし、特にゆっくり見るわけでもなく。
迷ってる感じでもないのです。見てるふりなのが良くわかる動作でした。

そうして、曲がり道を曲がったところで見失いました。
しかし。見つけたのです。その通りには。交番の近くで
朝日新聞代理店があり。その向かいに、OOOOというバイクをつかっての配達
など、うけおう。会社があったのです。沢山のバイクがおいてありました。
種類は、ばらばらです。
バイク便のようにすぐわかる印はバイクにはついていませんでした。
普通の家みたいな、そこに小さなプレハブで事務所として。
めだったのは。いろんなバイクが止まっているという点です。
あとは、小さい看板が出ているだけでした。
その店の中をふとみると。さっき私の前を歩いて、地図までだしていた、
太めリュック親父が、座っているのです。
今までもずっとここで仕事していましたよ。風に。
しかし、リュックもテーブルにおいてあったし。太めリュック親父なのです。
驚いたのは、そこにいた、太めリュック親父のほかの人物たちが
さっき私を付回したりしていた人達の中にいた人だったのです。

めがねちびニット帽子おばさんとぎょろ目にやつき男(学生風)も
さっき見た。付回しのなかで3度ぐらい目撃しています。

かばんを変えて。たとえば、はじめがトートバックそのあと、リュックそして。
買い物袋で、私の前を通り過ぎてくのです。しらじらしく。

彼らのアジトです。

しかも。朝日新聞の店の中には、ひょろながめがねがいたのです。

どうゆうこっちゃ。じーとみてると、ぎょろ目にやつき男(学生風)がでてきました。

私は、さっき私のことつけてましたよね。と言った。
にやにやして。はー?そんなつけたりすることなんてしてませんよといって。
僕が、あなたをつけまわす?なぜかとってもうれしそうにして。
顔をずっとにやにやしているのです。

否定して。にやにやして、かえっていきました。

今思うと。
たとえばいきなり、そんなこと知らない人にいわれたら。
普通は、困惑顔や怒ったり気持ち悪がったりしますよね。

しかし、彼の対応は。様子伺いみたいなのです。
どう付回し行為きいてる?怖い?にやにや?こちらだとぴったりと当てはまってしまう。
やっぱり。知っているみたいな対応と考えられます。

大学生風とわかれたあと。後ろを振り返ると。
ちびニットめがねおばさんがずーと
通りの外にでてこっちをにらんでいるのです。しばらく歩いて見たけどそれでも。
ずーとこちらをにらんでいました。

太めリュック親父はさすがに一度も外を見てきませんでした。
目を合わせませんでした。


この間も、同じ車が連なって前からきては通り過ぎまた前から現れたりしてました。
とうとう交番に駆け込みました。
私は、追い回されてるとか、盗撮されている。マスコミに。
はとをBB銃でうってから始まりましたといった。結局は疲れてるからですよ。
と言って終わりました。そこの、バイク屋がという話をしたとき。

交番のおまわりさんは、あーここの裏にTVの仕事してる会社があって。
そこのバイクもその関係だと思うよ。
今日も情報番組とかのお店紹介とかのね。撮影だからって、ばたばたしてたよ。

警察は、たぶん、みはられてます。彼らによって。
しかも。近所なので、仲良いみたいですね。とても。


このおまわりさんは、帰り、つけられてるからついてきてほしいというと。
途中まで、送ってくれました。
おまわりさんが一緒だと、同じ通りで、やはり誰一人ともあわないのです。
そして、大丈夫だからといって。別かれました。

そのとたん、うじゃうじゃとわき道から、どんどんでてくるのです。
そして、にやにやしながら通り過ぎます。次から次に。
さっきいた、めがねニットおばさんも自転車で通過してきます。
ひょろながめがねも自転車で通りすぎていったりした。

もう、追い詰められて。私は、パニック状態になりました。
とにかく、もう見られるのがいやになって。
隠れたくて。しょうがなかった。
とうとう、電柱に身を隠した。
完全に変な人だ。これじゃあ。(笑)今なら。思える。
しかし。このときは、とにかく隠れたかった。

それぐらい。こうみょうに。彼らは、追い詰めてきます。
学生風の男が、この姿を見て。大笑いして通り過ぎていきました。

私は、もう。自殺しかない。頭にはそれしか浮かびませんでした。

ずーとずーと。
歩いても歩いても何人も何人も前から後ろから通り過ぎていきます。
特に自転車が多い、さっきみた同じNOの車が通り過ぎていきます。
やっぱりと思う。付回されて。マスコミに祭り上げられて。
布団たたきおばさんみたいになって社会的に抹殺される。
普通に生活できない。みんなにも、迷惑かかる。
そればかり。つきまわされるなか。考えていました。

歩道橋の上に逃げ込みました。
下を見ていると。

やっぱり。同じ顔が、何度も通り過ぎていました。
しかも。自転車のなかの、バックを変えたりしてくるのです。

じっと観察していると、気まずそうに、必死にこちらを見ないように。
通り過ぎていく人。
ニヤニヤしながらこちらをちらっとみて通り過ぎていく人。
厳しい顔でにらみながら通り過ぎていく人。

その3種類でした。

マスコミだとばかり思っていたので。いやそうに働いてる人もいるんだなぁ。

歩道橋にすわって、メールを夫に打ちました。
この間も、何人も何人も下を通り過ぎて生きました。

目の前のビルにだれかかが、登ってこちらの様子を伺いだしていました。

マフラーをくくりつけて。すわったまま。首をつろうとしました。
しかし、途中で、苦しくなってやめました。

帰りは、涙が出て止まりませんでした。
それなのに。とおりすがりにシネといってくる人までいました。
ぼそっと。通り過ぎる間際にささやいてくるのです。
シネ。シネ。と。

泣いても、彼らはにやにやしながら、チラッとこちらをみるばかり。

前から自転車が、何台も何台もやっぱり通り過ぎていきます。

これ以上、カメラに取られたくない(このときはマスコミだと思っていたので)
帽子を深くかぶると。また異常行動に見えるので、彼らはとても喜んでいました。

恐怖し、おびえると、とても嬉々とする様子が伝わってきます。

私は、なんとか、家にたどり着きました。
しかし、まだ、彼らの攻撃は終わらないのです。
しばらくすると、周りが騒がしくなってきました。

バイクの音が何度もするのです。爆音をわざと立ててるくらいにふかし。
怒ってるみたいに。ぐるぐると。家の周りをバイクがずーと回っているのです。
今度は、それが、一晩中。途切れることなく。続いていました。
3種類ぐらいの同じバイク音でした。
やたら、救急車が通るのです。サイレンをならしながら。
かつかつかつかつという女の人のヒールの音もなんども耳にしました。

マンションの周りをぐるぐるぐるぐる回ってきました。

そして、1度だけ、急に静かになる時間がありました。

しばらくして。また。爆音バイクの同じ音がしだすのです。

すると、ただいまーと、夫が帰ってきました。

静かになった間は、夫を、付回していたんだと。気がつきます。


この晩に。NHKに、変なマスコミに付回されてます。助けてほしいとメールしました。
東京での唯一の知り合いの人に助けてくださいとメールをしました。

どちらからも。何も。リアクションはありませんでした。

そして、何でこんなことになってるのか?わからない
集団でつきまわす マスコミ などといれて。検索をかけました。

この意味不明の状況をしらべてると、
やっと不可解な状態を詳細に書いている同じ人達を見つけました。
理解できる。HPをみつけるのです。

それは。集団ストーカー と、呼ばれるらしい。
やっと。あとから。気がつくのです。被害妄想でもなく。人権侵害をする。
組織的な犯罪行為がおこなわれてるらしいと。
そして、ターゲットになった。人間たちは、全く見に覚えがなく。


何十年も前からこの行為が、行われてる人間もいる。

このとたん、かずかずの、過去の変な体験にすべて、納得がいくのです。

あー私は、集団ストーカーというものにあっているようだ。と。


これが、初めて、あからさまな集団ストーカー、集団付回し行為、にあったときの
ことを書きました。


2008/10/12にまとめました。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://hannzaihigaisyadesu.blog59.fc2.com/tb.php/66-53f4a2b2
Template by まるぼろらいと

Copyright ©緑子の被害記録  (テクノロージー被害・マインドコントロール被害)(集団ストーカー被害・家宅進入・器物破損・人権侵害被害)  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。