緑子の被害記録  (テクノロージー被害・マインドコントロール被害)(集団ストーカー被害・家宅進入・器物破損・人権侵害被害) 

何故か、電磁波の痛みが軽減する経験をしました。それを、同じ被害者の方へ知らせたい。一般の人にこの犯罪のことを知ってもらいたい。このためにたちあげました。電磁波過敏症を抜けた時のことは、下カテゴリの「電磁波軽減」まとめてあります。
Homeメールはこちらです。 | 窓を拭いたら。騒音が軽減したという経験 | 電磁波軽減 | あからさまな付きまとい行為が始まった | 裏の住人 | 音声送信か? | 工事 再び | 岐阜 | きっかけ? | セスナ画像 | ほのめかし | 救急車 | いやがらせ | 警察もなの? | 報告だけ | 経済的に追い込む | カルト?愉快犯? | 某宗教団体の関り | マインドコントロール | 隣人の加担 | つきまとい | 車を乗り換えてる?付き回し部隊 | 嫁の加担? | ハラスメント | ヤクザ | ノイズキャンペーン | 画像 | 携帯のアドレスでsine(死ね) | ケムトレイル | 耳鼻科と耳のショート音の関係 | 被害記録のみ | 某宗教か? | 被害軽減期間 | 電磁波を利用か? | 韓国 | 釘と音声送信と電磁波過敏症の関係はある? | 付回しとほのめかしと集団ストーカーTV局 マスコミ | 電磁波増幅か? | 飛行機・ヘリでの威嚇 | 騒音 | 好きなものがお店からなくなる怪 | 電磁波 | 日記 | 思うことを徒然と | 被害者の方の書籍です!! | メモの大切さ | USENのキャンシステム | 円状に巻いてある電線について | 電話の不調 | 犯人側の正体について | 被害者の会 | 実際の犯人側の加害行為 | 未分類 | チラシを渡した | お知らせ | 犯人側の仕掛けか? | 癒し写真 | 道路への落下物 | アルバイト | 衣服等の穴あけ | 壊れる家電 | 重大ニュース | アセンション | 別の方向からのアプローチ 

マインドコントロールの記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も、郵便ポストにお土産が!(2回目)(二日連続)

2009.02.24
昨日、散々。
某宗教団体の事書きました。
すると。

散歩に出かけると。その先々で。
怒り狂ってるような。
いつもにまして荒々しい運転をしてる車が多い気がしました。
たまたまか。そう、思うような脳の操られかわからない。
そして、コンビニからでてくると。

信号が、点滅しまだいつもなら。わたれるはずなのに。
なぜだか。すぐに赤に変わってしまい。
その位置に停止せざる終えない状況。

その交差点で。暴走爆音バイクのお兄さんに出くわす。

そして。左から。あらわれ。怒ってるようなバイクの爆音たてが辺りに響き渡ってました。
丹田にぐっと力をいれて、振動に影響されないようにしました。
いつものように。恐怖心や嫌な気持ちを一切感じずただ、見てるだけにしました。

先頭の男の子が、こちらを見てるようにみえました。
(本当にそうなのか。そのように思うようにさせられたのかは、わかりません。)

どっちでもよいのです。とにかく、心をみだされることがNGなのです。たぶん。

信号が変わり歩き出す。左の車線にパトカー1台通り。その5台あと消防車にでくわす
500M歩いたくらいで。偶然でしょうか。(もう、どうでもいいですが。)

シャドウガバメントの手口でしょう。

家に帰る。

すると。父が、OOさん知ってるか?
OOさん(被害者の会で知り合った方)
知ってるよ友達だよ。

そうか。お土産がまたポストに、はいってたから。
昨日の今日なので、さすがに父母が動揺しまくっていて。
よくみたら。私への名前がかいてあり。
少し安心したそうです。

この方とは今日、携帯に6回ぐらい着信があり。
かけたかったのですが、嫁が遊びにきてしまい。
母が在宅であったため。家の電話が使用できず。
つい、そのままにしてしまっていて。
そしたらこうゆうことになっていました。

すこしだけ。驚きましたが。
すぐに冷静になり心みだされなかったと思います。

昨日、某宗教団体の人が置いていって。
私が日記に記載して。疑わしいとブログに書く。
すると、今日、同じ被害者の方がこのようなことをしてしまう。

すごいですね。(マインドコントロールでしょうかね。)

そうおもうと、同じ被害者の方が操られたと思いますが。
昨日のは、どうなのでしょうね。

昨日のも、操られでやってしまったというような仕立て上げがほしいのか。
そう、私に思わせたいのか。

ごまかすための。今日の同じ被害者の方を操りなのか。
わかりません。

この方は、まだ、被害に、どっぷり気にしまくる状態なので。
初期の私をみてるように、最近では冷静に思えるようになりました。

心配です。今日のことで傷ついてないかも心配です。

せっかくきてくれたのに。お会いできなくて。

申し訳なかった。ごめんなさいね。


あと、コンタクトレンズでてきました。
目が届く場所にあったのです。しかし、倒れていました。
その場所は、何度も何度もさがしたはずなのに。
やはり。家宅侵入も半分はこのように、
そこにだけ注意が行かないように操り。
どれだけ探してもでてこないそうゆう状況をつくるのだと。
思えます。

こちらがとても勉強になる。HPです。
集団ストーカー初期のころ。読んでも??って感じでしたが。
今ならよくわかります。
ほぼ、すべてが仕立て上げかもしれませんね。

コンタクトはあきらかに、視線をそこにもっていかされなかった。
そして、散々探したのにみつからない。

そして、家宅侵入された!(動揺させ・恐怖心をいだかせたい)

という操りだったと感じました。

同じ被害者の方がいっていた。
あなたの周りでは何も実際は起こっていない。あてはまる気がする。
しかし、トタンやら、不信なものは、やはりあるので。
その両方を使用してると思います。割合はどうなのか謎ですが。

電磁波等による犯罪(トリックの解説をたくさんされてます。)


集団ストーカーがなくなる方法も書いてあります。

ニューロフォンすごいです。
ニューロフォン=電気テレパシー装置だそうです。

初期の段階の被害者だと。はぁ?って思うけど。

今ならわかります。これが正解だと思います。
昨日と今日まんまとやられましたね。とほほです。



スポンサーサイト

インプラントは砂粒ぐらいで内耳に入り込む!?と本に書いてあります。

2009.02.10
またまた。本の紹介です。っていっても。


こうゆう情報があるのに。
いまだ妄想だと言ってきめつける。
まさに、大衆一斉の操作としか考えられない。ある一握りの人間達の。

操作とはどこまでか。操作から逃れる方法はあるのかとか最近考えます。

それから、どうやって生きていこうかとも・・・。まあそれはさておき。


最近図書館でかりて驚きました。自分の被害の体験とぴったり合うような話が載ってました。
是非、読んでもらいたいです。
文字色宇宙物理学者

ジャン=ピエール・プチ著 

[アメリカが盗んだ]宇宙人ユミットのプラズマ科学


この方は、経歴もすごい。驚きますね。

ジャン=ピエール・プチ(Jean-Pierre Petit)の紹介
1937年生まれ。理学博士。
フランス空港宇宙分野の超エリート養成機関・パリ国立高等航空宇宙学校で航空工学を専攻。
フランス原潜ミサイルのための固体燃料ロケット推進装置製造の国家プロジェクトにテストエンジニアとして勤務。その後フランス国立科学研究庁(CNRS)で、1965年から1975年にかけてMHD(磁気流体力学)発電の実験に従事する。1967年、ヴェリコフの不安定性の影響を除去した発電機を世界で始めて開発(モスクワ学会で発表)。マルセイユ天文台に配属後は、新しい宇宙構造(双子の宇宙論)や理論物理学の研究分野で世界的評価を受けてきた。
科学知識普及のための著書を含め、著作は30冊を超える。長年、主任研究員という要職にあったフランス国立科学研究庁を定年の為2003年に退官。その後も、世界に向けて研究、執筆、講演活動など活動の場を広げている。

定年のため2003年にやめられてますが、フランス国立科学研究庁 主任研究員!すばらしい!


そんな人が書いた本です
すごいです。いろいろ。被害者の方は、理解できるないようだと思います。
そこまでの技術もってるんだと。私は、改めて思い知らされました。

集団ストーカーやMKウルトラやら。まさに。電磁波攻撃。といわれてるもの。
たぶん、これですよ。自殺だって、彼らの思うがままに生産です。
最悪です。彼らって?もちろんそれは、闇の支配エリートです。
もしくは、UFOテクノロジー隠蔽工作ですと。シャドウガバメントですね。

早速、引用ですが。どうか。読んでください。

引用 P1
問題なのはバルコニー付きの最上階には誰が住んでいるのかってことさ・・・・・・
原爆開発のマンハッタン計画や宇宙開発のアポロ計画に匹敵する規模で、アメリカの闇の権力者達による様々な超極秘プロジェクト『ブラックプログラム』が、年間1000億ドル以上もの秘密予算で深く進行している。隠蔽工作のために、メディアを活用した最先端心理学やナノテクノロジーによるインプラント等が、情報操作の舞台道具として、その役割を果たしてきた。そして、これら特殊プロジェクトの根幹には、地球外起源の科学が深く関与している・・・・・・。



私が、杉並で遭遇した。ひどい電磁波等のテクノロジーのハラスメントの仕掛けのような。
異常な放電というか圧力があった窓には、アンテナ線がからめてあり。
最上階の7階から斜めになぜか壁を斜めに伝わり
窓枠に引っかっていました。その後はずしても元に戻す。おかしさ。経験してます。
そんな、意味不明のアンテナ線は、バルコニー付きの最上階から垂れ下がっていました。とても。一致する話だなぁと思ってしまいました。
一度も顔みたことないです。何回もいったのですが。あえなかったです。
気になりますね。加害者側の人間なんでしょうかね?うーん。

ジャン=ピエール・プチ著 

[アメリカが盗んだ]宇宙人ユミットのプラズマ科学


この本は。

ジャック・バンヴェニストさん

責任編集だそうですが
このかたの最初の文章書いてあるのですがとてもまとまっていてわかりやすい。
またまた引用ですが。
引用 P16
2001年の初め、イギリスで開かれた「先端的推進装置」に関する学会にたまたま出席していた著者のジャン=ピエール・プチ氏は「ブラックプログラム」の重要なメンバーで、「特殊プロジェクト」の専門家である何人かのアメリカ人に出会った。そして自分の持っている知識と交換に彼らの秘密を聞き出したのだ。得られた情報は驚くべきものである。アメリカは1980年からすでに時速2000km以上で航行するMHD(磁気流体力学)魚雷を所有しているというのである。それを考え出し完成させた人物がこの学会にいたのである。アメリカはさらに時速10000kmで高度60kmを飛行するオーロラ」という極超音速機も所有しているという。
引用 P18
MDF(磁気流体力学)についてヨーロッパ人は25年もの間「眠り込んで」しまったのだ。目覚めは容赦のないものとなるだろう。アメリカの研究者は1940年末にUFOの残骸を収集している。「オーロラ」は地球外を起源とする超音速シャトルの「地球版」に過ぎないのである。その後アメリカ人はこのマナを独り占めにしようとしてUFO関連文章に関しての不信感を増大させていった。ヨーロッパ人はまんまとそれに引っかかったが、ロシア人は彼ら自身の「信頼するに足る証拠」をもっていたせいもあって、その手には乗らなかった。今日ではフランス人も、すっかり乗せられていたことに気がつき始めている。



日本は、アメリカの奴隷だから。いまだ、すっかりのせられつづけてるし。
UFO話をだすといまだ。オカルトだのいう人がまだまだ存在する。
悲しいですね。もちろん。警察で、ここまできちんと筋道立てて話すの無理でしょう。
まんまと。アメリカ教やTV教にはまってますね。これこそ洗脳ですね。




日本の読者へ 最新報告「かくして超先端軍事・宇宙・科学テクの隠蔽操作は今も続く」

P214
アメリカ人はジャーナリストや読者をばかにし切って30年以上昔の資料を、さも先端的研究であるかのような顔をしながら持ち出してきたのである。

「オーロラ」はたしかに実在するのだ。それは3倍速SR-71ブラックバードの後継機となっているのだ。アメリカが長さ30Mほどの、高度の高いところをマッハ12で航行できる超音速機を所有してるのは明きらかである。飛行機が飛ぶには高度がありすぎるし、人工衛星が空気によって急ブレーキをかけるには低すぎる、ちょうどこの「中間地帯」でつまり・・・・続く

P216
現実にはアメリカはすでに指摘したように極超音速爆撃機を搭載した戦艦を所有しており、燃料の給油がなくとも世界一周できるのだし、マスコミに公開されたモデルなどは荒唐無稽の罠に過ぎないのである。



とんでもないテクノロジーをアメリカはもうすでにもっているってことですね。やはり。


そして、一番、読んで欲しかった。ここからが。私達被害者に関連する文章です。

P218
そこでアメリカは「微量な核兵器」、ミニ核の使用を大衆に容認させようとしている。
さらには「致死的ではない」兵器を開発している。目的はある集団の脳に働きかけて彼らを自由にあ
やつろうというものである。これはSFではない。2005年には人間の体にインプラントできる最初のFRID(Radio Frequency Identification Devices つまり 無線身分証)が出現しているのだ。
これで離れたところから本人を追尾し身元を確かめることが可能になる。のみならずどんなデーターでも書き込みができるのだ。最近テレビ視聴者が目の当たりにした「チップ」はもっと限りなく精巧な、本当に砂粒ひとつくらいの、肉眼でも見分けがつかないほどの大きさのシステムの前触れのようなものでしかない。ここはナノテクノロジーのノウハウのすべてがつぎ込まれており、それは、もうずっと以前からきちんと完成されているのだ。このシステムを人間の非常に大きな集団にワクチンだと称して植えつけてしまおうと言う計画すらあるのだから。・・・略

体に残されたインプラントは単純明快に内耳に入り込む。血よりも密度が低ければそれは可能なのだ。ひとつではなく数百という単位で血管をめぐり、心臓からでた動脈弓を通る周知のように内耳に張り巡らされた毛細血管に血を供給する小動脈は、この上層部から発しているのだ。だからインプラントはこの毛細血管に引っかかり、電磁気の信号をキャッチし、それをサブリミナル信号としての音声信号に変換するには理想的な位置を占めることとなる。これが今日話題になっている大衆操作の一つなのである。こうした信号はどこからくるのか。衛星からか、それとも単なる携帯電話からなのか。

このような小道具は、地球外生命体ナノテクノロジーから直接ヒントをえたものである。

マイクロ波ビームを用いて人間を活動不能の状態にしたり殺したりする。
(それは使用される量と周波数によって違う)


かの有名な「テーザー」のような兵器がいい例だが、2004年から2005年にかけて一連の非致死兵器がすこしずつ発見されている。



私が驚いたのは砂粒ほどだと言う話!まさに!以前書いたのですが!私が、黒いぽちっとしたものをとってから。電磁波過敏症のような状況を抜けたということ、血がでるくらい耳かきで偶然砂粒インプラントが沢山、内耳からとりのぞけたからなのかもしれない。たしかに、黒いぽちっとしたのは、指先でもつとびりびりしていた感覚があった。この文章によると。一致する。砂粒インプラントをたくさんとりのぞけたからなのか?血を出して?とも言えなくもないのですが。

自分で内耳の一部、ぶっ壊して、取り除くなんて、
だから、怖いーの、という単語をいってきたんでしょうか?
異常事態なんでしょうか?それともミスリードでしょうか?わからない。

(先日、あなたが怖いのと怒鳴られたのはこのことがいいたかったのかなぁとか考えた。
 犯人側にしてみれば。予想外なのかなぁ?
 どう見ても私より叔父さんのほうが怖いはずだし。私は普通の小さいおばさんだしね。)


えー、本の話しにもどりますが。
こうゆうすばらしい経歴の人が、ここまで。書いてるのに。
この分野のトップがそういってるのに。
これでもまだ、UFOは、存在しないんでしょうか。オカルトでしょうかね。

原爆は長崎と広島にアメリカ人によって落とされたの忘れましたかね。
あれすら実験台ですよ。一回つかってみたかったんでしょう。ひどい。
911やマイケルムーアの映画を見て何も感じません?

アメリカ文化をかっこいいと思うのはもう・・・。
私は、完全、日本食に戻します。肉も食べません。
TVのことを信用するものやめたいですね。
TVは孤独をまぎらわせるための暇つぶしで与えられてるものでしかない。
といわれて。確かにと思います。

自分の目で判断して、直感の導くままに。是非。

TVやメディアでいっせいに、思想思考は、思うがままなきがします。
日本は本当に操り人形ですね。つらいです。

目を覚ましたいですね。

誇り高き、人類へ。日本からかわって欲しいですね。
どうかどうか。すべてのひとが覚醒しますように。




私の最近の報告は、
先日19日から真裏の庭の工事で、騒音が、10日と言う話ですが。
いまだ、まだ音たてありますし。
さらに。マンホール工事終わったと思ったら。
今度は、すぐ斜め先の道路が、昨日から公共工事です。
路肩の工事で騒音音たてがまた始まりました。続きます。連続します。すごいですね。
大衆操作したら、こうゆう偶然を周りをコントロールして起こさせるのも確かに可能ですね。


最近思うのはこうゆう低い荒い振動を立てることも、荒い波動に関連して、なにか意味がありそう。
高い周波数にさせたくないような、犯人側の意図が、感じられます。なんとなくだけど。
低く荒い波動に共振させる目的もあるような気がする。
人体の周波数を乱したりしたいのかもしれない。
悟りの境地や瞑想に集中させたりなど絶対妨害したいみたい。

バイクの振動、工事の振動、モーターの振動音、重機の振動、トラックの振動、
救急車の音サイレンの振動、子供の奇声の振動、

この辺は直感でなんとなくそう思うだけですが。

自然と気持ちを一体化させたりするのはきっと高い周波数になるのかもしれない。
瞑想とかも。リラックスさせないようにしたいみたいに感じますね。

なにか、私にも、やるべきことがあるなるなら。教えてください。と、最近、宇宙に祈ってます。

嫁についてと、いわされる台詞?マインドコントロールについての考え

2008.07.25
話していると普通だし。
嫌がらせに加担してるとは思えない感じがする。
逆に買い物中にベビーカーに子供が体当たりしてきたなど。
被害にあっているかもしれない話まで聞く。
でも、咳が止まらない時期があったとか。言い訳のように、話してきたりして。
疑惑は晴れにくい。しかし。母も。一時期から咳ばかりしているときがあって。
病院へいっても、よくわからない感じででも、心配になるくらい。
けほけほんとやってたことがあったので、
あながち、嫁もこの状態だったような気もします。
しかし、親戚に焼肉屋がいます。
うーん。
相変わらず、私が、家にプリンがあって、楽しみにとってあると。
「あープリン食べたーいといってきたりしました。」(ほのめかしなの?)
本当に混乱してきます。
マインドコントロールとかも話しに出てきますが。
頭に、送信することができるのかもしれないと。
思えたりもしてきました。

よく、父のお昼ご飯が家の夕食とかぶるのです。
すごく頻繁です。これは。私も、驚くのですが。
急に、夕方に今日これにしよう。と。私が思いついて、決めたメニューも、
ぴったりかぶります。


そう思うと、私の旦那は、初めて会ったのに、私の名前を当てたりしたし。
私は、夫の元の彼女の名前を当てたりしたこともあったこと。

そのふたつなどもひょっとして、運命でもなんでもなく、操られていたのかもしれないと思ったりする。

夫のもとかのの名前はなかなかない名前で、よくあるようなあてずっぽであたる名前ではないので、
よけい、そのときは、幽霊だとか気持ち悪いとかいって笑っていましたが。
そのとき、名前を、当てたときのかんじを詳しく説明すると。

一瞬、何も考えてないような感覚になる。
頭の中が、真っ黒。
そこに、文字が急に。三文字浮かぶ。
それで、なんだかわからんが。
急に、頭に文字が、暗闇に、白で文字が浮かんだように。
見えたので。
それを、読んでみる。
夫が驚愕した顔で、こちらをみている。

こんな感じ。これは、私の中で、おじが、自殺してなくたったときに。
「信心してないからこうなったんだって。」と私は、いとこにいってしまったことがある。
小学生のときだ。そのときの感覚も、この、名前が浮かんだ時の、感覚に。
とてもにているのです。

あとは、姑さんに、「生きているだけではだめですか。」といってしまった。
ことがあるのです。このときの感じに。とても。にています。
姑はこの台詞の後、ないてしまいましたが。なぜ、泣いてしまったのかわからなかったし。
自分が、頭にうかんでしまったとおりに、しゃべってしまったかんかくがとてもありました。
あれは、なんだったんだろう。変な感覚です。

今、思うと、私が、嫌がらせに加担していることだって、無意識で。
ありえるのではないか。という変なループに巻き込まれていくのです。


Template by まるぼろらいと

Copyright ©緑子の被害記録  (テクノロージー被害・マインドコントロール被害)(集団ストーカー被害・家宅進入・器物破損・人権侵害被害)  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。